生前贈与

生前贈与に関するお悩みは、佐々木勝事務所へ

親から子へ、夫・妻から配偶者へ。贈与税の特例として、相続時清算課税による特例や、住宅取得資金贈与の特例、夫婦間贈与の特例などがあります。
相続対策として有効な手段となる場合があります。

生前贈与とは

生前贈与とは、生きている間(被相続人が死亡する前)に、自身の財産を分け与える事です。
この制度を行う目的は主に相続税対策となり、財産を生前に贈与することによって、将来負担すべき税金(相続税)を少しでも押さえることができます。

大切な財産をより有効に次の世代に遺せるよう、最善のアドバイスをいたします。
※相談業務は、司法書士法第三条に定めるものに限ります。

生前贈与を行う理由

■生前に贈与した資産は、その後に相続税評価額が値上りしても相続税に影響しない。
(相続時精算課税制度を採用した場合)
■あげたい人に、あげたい財産を確実に承継でき、相続時の争いを防止できる。
■相続と異なり、贈与した財産がどのように使われるかを自分で確認できる。
■孫への生前贈与は相続を一回パスすることになり、「世代飛び越し効果」が期待できる。

  • HOME>
  • 生前贈与
大船・鎌倉・藤沢周辺の各種ご相談なら オフィス 司法書士・行政書士 佐々木勝事務所 事務所の詳細はこちら

党事務所の相談受付内容

  • 相続
  • 遺言
  • 生前贈与
  • 成年後見
  • 起業・企業法務
  • 各種登記手続
  • 債務整理・過払金返還請求
  • 建設業許可申請等
  • 各種業務の料金について
  • かまくら遺言相続ナビ
  • FACEBOOK

ページトップへ